訪問看護師ブログ#22「前例のない依頼2」

chuttersnap-198430

訪問看護デビュー第22回

訪問看護師を目指して頑張るカリメロさんのブログです。
第一回はこちら→「訪問看護師デビューしました!第一回」

訪問看護師は、在宅の患者さんのお宅に訪問してケアを行います。
カリメロさんは、一人での訪問にも慣れ、
実習指導者も経験し、着実に経験を積み重ねています。

 【前例のない依頼2】

私の受け持ち利用者さん女性。

パーキンソン病、要介護度4。
コミュニケーションは取りづらい方。
性格は温和で優しい方。
言葉は発することをしようとされるが、
聞き取りが難しい。
1時間訪問で吸引は3〜7回。

息子さんの結婚式に出席させたい、
との介護者であるご主人から依頼を受けた。

そして当日。

ご主人の運転で京都まで向かう。

車の中での吸引は必須も、
助手席にいる利用者さんに対し、
真後ろに座っている私が
簡易式の吸引器で吸引する姿は
かなりアクロバティック(笑)

少しでも振動があれば私が転がりそう( °_°;;; )

吸引は利用者さんの表情をしっかり観察
自分から伝えられないため)、
車中は観察眼フルに活動。

車中では4回吸引する。
式場に着いたらまず、
簡易ベッドの作成。

そして着替えのお手伝い(洋服)、
トイレ誘導。
そして式場への参列、
私は利用者さんの隣にいたが、
吸引が気になる。
30分程のお式、
利用者さんは息子さんの晴れ姿をしっかり見ておられ、
うっすら涙を浮かべながら穏やかな表情をされていた。

お式の間、吸引をすることはなかった。

お式が終わってからはすぐに吸引。

そうとう苦しかった様子。

お式、頑張っておられましたもんね。

お着替えしてトイレ誘導。

それからはPEGに栄養剤と白湯、薬の注入。

そうこうしていたら20時近く。

私の晩ご飯は利用者さんご家族が用意してくださった高級お弁当。

mantra-media-58091

有難くいただきましたが、食べてる間にも吸引。

利用者さんは
「食べてね。(吸引はいいから)」
と私に気を遣ってくださっていた。

しかし苦痛表情ありのため、吸引する。

全行程終了し、息子さん、娘さんご夫婦にご挨拶。
「今日はカリメロさんのおかげで母は式に出れました、

有り難うございました。」
と言われた。

大阪に戻ったのは23時過ぎていた。

ご主人からは
「カリメロさん、こんなに遅くなってすみません!」
と謝られたが
「いいえ、こんないいお式に出させていただいて感謝します。
有り難うございました。
子さんもすごく喜んでおられてそれを見るだけで幸せでした。」
と返すと、ご主人は私に何度もお礼を言われた。

訪問看護師てしての変則な依頼を受けたけど、
私にとってこの経験は宝物。

利用者さん、ご主人との信頼関係も強くなった。
貴重な経験をさせていただいたことで自信にもつながりました。

ありがとうございました(*´∇`*)

IMG_1531

 

*ブログは、個人情報保護の観点から、情報をそのまま掲載せず、編集させて頂いています。

chuttersnap-198430

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です