「渡り鳥ナースの末路」ナースが知らない転職の真実 第8回

PAK75_resumakaron20140304_TP_V

第8回 ナースが知らない転職の真実          ナースプロジェクト代表 喜多万里子

 #渡り鳥ナースの末路

こんにちは

3月も半ばとなり、送別会のシーズンになりました。

次の職場へ移る人、暫く働かない方、ずーっと働かない方、

皆様色々な想いがある事と思います。

とにもかくにも、本当にお疲れ様でした。

 

 

ここで皆さんに質問です。

 

「あなたが今まで働いた職場で一番良かった職場はどこですか?」

 

転職が多いと言われている看護師の会話では、過去の職場の話題が良く上がります。

上記の様な質問をすると、多い答えは「看護師になって一番先に就職した所。」

・・なんだかんだ言っても福利厚生はちゃんとしてたし、教育もしてくれたから・・と感じています。

もう一つ多い答えは

「結局どこもおんなじ!」

という答えです。

いくつか職場を経験してみると、思い描いていた理想の職場など、どこにもなさそうだというのが分ってきます。

自分にとって、ある条件は良くても、足りないものもある。

完璧な職場などどこにもありません。

なのに、

「沢山職場はあるんだから、自分にぴったりな職場があるはず。」

と思いこんでいる人が少なくありません。

何かは我慢しなくちゃいけない、それが仕事。

それに気が付くまで職場を変わる渡り鳥ナースになってしまうと、さすがに経歴はボロボロです。

求めているような良い職場での採用は、遠のいてしまいます。

そして、人手不足であえぐ不人気職場に身を投じて、やっぱりまた転職。

結局、若い頃とさほど変わらない給料で、相変わらず不満を抱えながら働くことになります。

 

自分より年齢が上の人を採用したくない、という上司もいますから、

ある程度の年齢からは、年齢が上がるほどに転職の門が狭くなっていきます。

これは派遣でも同じです。

そうすると、年齢が上がっての転職では、職場の環境も段々落ちてくる可能性が高くなります。

 

 

それでも、同じ分野で転職していれば、その分野のスキルや知識もついてきて、

それが高評価につながる事もあります。

そして運良く高待遇を頂いたりすることもあります。

新規オープンのクリニックや施設、訪問看護では、知識、スキルのある看護師を求めているからです。

例えば訪問看護であれば、一定の経験があっての転職は、管理者候補の採用となる事があります。

施設看護であれば、主任候補や施設長候補等へのステップアップ案件もあります。

 

転職が、「渡り鳥ナースへの道」ではなく、「キャリアアップへの道」になるように

きちんとキャリアプランを持った転職をしたいものです。

 

喜多 万里子(きた まりこ)

15909043_625495704302497_1310283152_o-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

・プロフィール・岩手県生まれ。ナースプロジェクト代表。2015年株式会社キタイエ取締役就任。職業紹介責任者。防衛医科大学校高等看護学院卒業後、同大学病院にて勤務。退職後、武蔵野女子短期大学に学び、卒業、結婚、出産を経て看護師として復帰。現場での経験から現在の転職事情に危機感を持ち、ナースの転職について研究を進めている。現在、看護師のために正しい転職情報を発信している。看護師の転職にまつわるご相談はこちらnurseproject@kitaie-medicai.com

 

 

 

 

 

PAK75_resumakaron20140304_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です