【災害・救急看護のプチ勉強会】第1回

247596

~目の前で人が倒れていたら・・・~

 

802044

 

こんにちは。

関東の小さな病院でICU看護師をしているあーちゃんです。

早いもので、看護師になってから10年以上が経ってしまいました。

まだまだ、まだまだ・・・ですが、ここまで来るには相当な苦労もありました。

今では笑い話になりますが。

 

過去の経験が自分を作りだし、変えられるのは今この瞬間&これからの未来!!

ってことで、毎日仕事にプライベートに邁進しております♪

 

 

さて、本題にはいります・・・

790222

 

皆さんは、目の前で人が倒れているのを見たことがありますか?

関わったことがありますか?

飛行機に乗っていると

「この中に、どなたかお医者様か看護師さんはいませんか~?」

なんて声を聞くこともあるかと思います。

「はーい」って手をすぐにあげられる人はまさにThe医療者!って感じですね。

 

ちなみに私は、駅のソファで横になっている人がいて、
「大丈夫ですか?」
と声をかけたら、ただの酔っ払いでした(笑)

 

「声かけてもいいのかな?」

「間違っていたらどうしよう・・・」

「きっと誰かがしてくれるだろう・・・」

 

そんな人がきっと多いと思います。

 

知っていますか?

心臓病は三大死因の一つ。

日本では毎日約100人の人が心臓病で亡くなっています

(突然死以外も含みますが・・・)。

 

成人が突然倒れる原因は、ほとんどが心臓由来と言われています。

マラソン中に倒れた、芸人の松村邦彦さんも、
心筋梗塞による致死的不整脈でAEDを使用され、
社会復帰していますね。

389886

 

AEDは一般市民でも使用できるようになっていますが、
AEDがどこに置いてあるか、
みなさん意識して歩いていますか?

 

致死的不整脈で倒れた時、除細動が1分遅れる毎に救命率は約10%低下すると言われています。

 

みなさんの、ほんのちょっとの勇気で、助けられる命があるかもしれません。

 

倒れている人を発見したら・・・

1、肩を叩いて「大丈夫ですか?」と何回か繰り返す

2、反応がなれければ、周囲に応援を要請する。「119番に連絡して!AED持ってきて!」

  周りに誰もいなければ、携帯電話で119番通報する

3、呼吸・脈の確認

4、胸骨圧迫からスタート。人工呼吸は抵抗があればしなくてもOK

5、AED到着したらAED使用

6、救急隊が到着するまで頑張って!

 

ざっと流れを示しました。

細かくは、BLS(一次救命講習)を受講してみてください♪

1人でも多くの命が助けられるよう、
ほんの少し、勇気を出して声をかけてみましょう。

 

 

綾ちゃん図

 

あーちゃんの勉強会が9月28日夜、新宿でありますよ!

日時:9月28日18:30~20:30 (受付 18:15~)
場所: 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ909号室
地図:http://bit.ly/2jaQ21s

 詳しくはこちら

ペンネーム:あーちゃん
プロフィール:福岡県生まれ、東京・大阪育ち。看護学校より東京に戻る。
看護師歴:11年目、循環器・OPE室・婦人科泌尿器科・救急と経て結局循環器に戻る。
救急・災害分野で活動したくて、DMAT隊員資格を取り、各種成人教育のインストラクターを行うが、現在は、予防活動、災害の備え、地域との顔の見える関係つくり、DMATとして現場に行く仲間の後方支援、トータルペイン、エンドオブ・ライフケアなどに力を入れている。

 

 

247596

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です