こんなんですけど働いてます。#15「健診の季節ですね。」クリニックナース

tdog17030720_TP_V

精神科クリニックで看護師として働いている如月七三さん。看護師を4年経験後、結婚・出産を機に退職。長いブランクを経復帰しました。派遣でいくつものクリニックを経て、現在に至ります。今日も明るく面白く出勤です。

「はい、○○クリニックでございます。如何されましたか?」こんなセリフで電話を取るのが今の私の仕事です。2つ前の職場で徹底的に接遇スキルを教え込まれ、医療はサービス業だと思って働いています。そう思っていると大抵の事は我慢出来るような気がしています。そもそも、私の仕事って何だろう、、、、

————————————————–

#15健診の季節ですね。

春になって、健康診断の季節になりました。

今いる健康診断と人間ドックがメインの所では一年中検診に人が来られているのですが、

それでも春は新入社員が増えるため二割り増しになってきます。

春だけは派遣さんを追加でお願いしていました。

新しく二人増員です。

いずれも私よりは5~6歳若い人たちです。

私くらいの年齢の派遣さんは少ないようです。

みんな家庭に入っているか、ずっと働いていて名を挙げているか、なんだろうなー、などと考え少しへこみましたが、今の選択を信じてとにかくやれることをやっていこう、そう考えて仕事に向かいます。

春の健診の時期も採血ルームでした。

新しく来た派遣さんたちは以前もヘルプに来たことがあったらしく、もの凄い人数にも気後れすることなく採血をこなしています。

こんな時に一人採血するのが困難な人が来ると流れが止まってしまったりしてミスが出たりします。

採血室で人か溜まっているんじゃないかとか、採血の取り直しで患者さんに申し訳ない、と思ったりで気持ちが沈んでしまい、アタフタしてしまうからなのでしょう。

焦って一人で頑張っていた時に、隣で採血をしていた若い派遣の子がさりげなく

「横になって取った方がいいかもですよ~」

と声を掛けてくれました。

何としても短い時間で終わらせようと思っていたのに、結局は場所を移動してもらっても横になった方が血管は見つけやすくなって、早く終わったのでした。

あ~あ、若い子に教わることがなんと多いことか。

私は歳こそ上でも採血室での経験値はきっと今ここにいる誰よりも低いんだなー、と実感した出来事でした。

変な意地を張らずに素直にみんなの言うことを聞こう。

春の健診期間は、とにかく一斉に人があふれかえって、それぞれに忙しく他の人を思いやる余裕が無いのが事実です。

しかし、忙しいからと焦ってしまっては、だんだん心にゆとりが無くなってしまいミスにも繋がるし、何よりも健診を受けているお客様に不快な思いをさせてしまう可能性が高くなってしまいます。

忙しい時ほど笑顔を作る努力が大事ですね!

 

tdog17030720_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です