ママナースの復帰 ここにご注意!

LISA141018447320_TP_V

 

はじめに

結婚してママナースになって、そろそろ仕事復帰しようかな・・・

あなたはどんな働き方で復帰しますか?

常勤?パート?派遣?

仕事を探す時にはママナースならではの注意点があります

 

 

やっぱり病院がいいかしら?

結婚前に勤めていた職場で圧倒的に多いのがもちろん病院。

他の分野で働いてみて、やっぱり病院が働きやすい、という方は多いです。
24時間の託児所がついていたり、外来勤務や時短勤務もあって、

女性が働きやすい条件が整っている所は少なくありません。
まだ若いママナースなら、病院でしっかり経験を積んでおくのは、

その後のキャリアに大いにプラスになるでしょう。


ただし、夜勤のある勤務を選ぶ場合、子供が急な病気にかかった時にサポーターが

いてくれない方は要注意!

夜勤の急なキャンセルほど現場が困るものはありません。

事前に上司の方と良く話し合っておきましょう。

 

 

ヘビーな職場は避けて家庭優先もあり

子育て期間は楽な仕事で・・・という方も少なくないですね。


子供が幼稚園や小学校の時は帰宅も早いし、夏休み・冬休み・春休みという

長期休みがあるので、コンスタントに働くのは難しいものです。
その期間は派遣で、という方も多いでしょう。デイサービスの中には、

半日の案件もありますので、入りやすいかもしれません。
派遣でなくても、病院や老人ホームの直接雇用パートで、

融通の利く勤務を許可している所もあります。


出来る事なら派遣でコロコロ職場が変わるより、お勤めしやすいものです。

家の近くの職場に是非問い合わせてみてください。

 

急なお休みにご用心

ママナースの復帰で気を付けなければならない事があります。

それは、皆さんよくご存じの急なお休みへの対策

子供が小さいうちは、何かと熱を出したり、風邪をひいたり、それがママにうつったり、

急にお休みしなければならない事が多く出てきます。

子供に何かあったら見てくれる人がいる方はいいのですがそうでない方は、

働き方に工夫が必要です。

もし、一人勤務のデイサービス派遣や訪問入浴、夜勤アルバイトの急なお休みだと、

現場の仕事に大きな損害・支障が出てしまいます。

派遣は場合によっては、損害請求されることもありますので気をつけて!

派遣は現場の助っ人ですから、勤務に穴をあけるのは極力避けなければなりません。

それでも、複数人の看護師がいる職場なら、まだカバー体制があるものです。

また派遣ではなくパート勤務でも、事情を話すと融通を効かせて頂ける場合があります。

家に近い身近な職場を訪ねてみるのはお勧めです。

 

 

まとめ

「融通の効く働き方=派遣」

 
と思いがちですが、看護師不足の職場は多く、少しでも人手が欲しい職場は数多くあります。

身近な所にあなたを必要としている職場があるかもしれません。

出来れば、安定した職場で、その分野の仕事のスキルを磨くことが後のキャリアにつながります。

 

LISA141018447320_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です