ナースとお金 第4回

CCC9V9A9993_TP_V

ナースとお金 第4回

 

CCC9V9A9993_TP_V

#アルバイトの種類と時給

ナースの代表的なアルバイトと言えば夜勤。

これについては第2回に書いてあるので、ご覧ください

 

アルバイトは副業になりますので、副業禁止の職場にお勤めの方にはお勧めできません。

これからアルバイトを始めようという方は、職場の規約を確認しましょう。

 

ここでは、夜勤のアルバイト以外のものについて書きたいと思います。

 

アルバイトによる日給は概ね12000円~20000円位です。

ひと月に4回アルバイトをすると6~8万円の収入を得ることができます。

アルバイトをするなら、自分の好きなジャンルを選んで楽しくできるといいですね。

代表的なアルバイトとしては以下のものがあげられます。

 

訪問入浴

訪問入浴では比較的若い看護師が働いています。

都内では、1日10件程回る所もありますが、地方では5~6件と件数は少なくなります。

アルバイトの雇用形態は派遣が多く、時給は都市部で2000円~2500円、

あるいは1件当たりの手当として支払われます。

一般的には15000円程の日給になる場合が多く、単発でスポット的に入れるため、

人気が高いアルバイトです。

但し、サービス業の側面もあるため、きちんと入浴手技を学び、

手順良くこなすことが求められます。

また、利用者様を浴槽に移動する、機材・物品搬入等の

力仕事もあり、これを1日に何件もこなすには、体力も必要です。

時給や、1件当たりの単価は、事業所によって差がありますので、

よく調べて納得のいく所を選びましょう。

 

デイサービス

こちらもスポット勤務可能な案件の多い分野です。

最近は、リハビリ特化型の半日タイプのデイサービスも出てきましたので、

より勤務しやすい形になっています。

時給は1600円から2000円位までですが、訪問入浴ほどお給料に開きがありません。

また、特殊な技術を必要としないので病院勤務の看護師も

比較的スムーズに入りやすい職場です。

 

健診

アルバイトとして人気が高いといえば、こちらも見逃せません。

採血スキルが必要だったり、事前研修が必要な所もありますから、確認しましょう。

こちらも、半日勤務やスポット勤務があります。

但し、朝早くから遠方に出かけなければならない場合があります。

時給は1500~2200円と開きがあります。

 

訪問看護 *定期的に入れる方向け

 

訪問看護のアルバイトは多くが時給ではなく、訪問件数1件当たりで支払われます。

金額は2500円から5000円と幅がありますが、訪問時間(60分、90分等)によっても

変わってきますので、良く見て選びましょう。

また、自宅から直行なのか、ステーションからの訪問なのかで、移動時間も違います。

移動の所要時間も考慮して考える事が必要になります。

日曜日の訪問等は案件が少ないですが高収入です。

訪問看護は直接雇用案件が多いので、お近くのステーションに

問い合わせてみると良いでしょう。

 

イベント救護

こちらは、派遣での仕事がメインになります。

時給は1500円前後になりますが、待機時間もありますので、妥当なところでしょうか。

興味のある分野で楽しみながらできるバイトですが、

救急処置ができる看護師が求められています。

 

ツアーナース

ツアーナースのお給料は、〇泊〇日といった単位で支払われます。

時給換算にすると1000円~1200円である事が多いようです。

決して高いとは言えませんが、ツアーナースは魅力のあるアルバイトです。

案件は多くないのですが、お好きな方にお勧めするアルバイトです。

 

その他

病院、クリニック、老人介護施設でももちろんアルバイトをすることが出来ます。

不定期で入る事ができる職場もありますので、相談してみると良いでしょう。

ちなみに病院やクリニックは、産休代用員としての派遣しか許可されていませんので

派遣として不定期に入る事は難しいです。直接雇用で探してみるとよいでしょう。

老人ホームなどの介護施設では、近年の急拡大に伴い、人員が不足していますので

不定期でも歓迎される所はあります。

但し老人ホームは、急変対応や様々な判断を求められる場面があります。

経験が浅い方がアルバイトで入る場合は、一人勤務でない職場を選びましょう。

 

知ってました?派遣のお給料は交渉できる。

派遣案件には時給が書いてありますが、時給交渉はしてみるものです。

ある程度の期間、急なお休みもせずきちんと働いて評価を得られている方なら、

きっと上げてくれると思いますよ。

派遣会社は、働いてくれる看護師さんがあってこそですから、

担当のコーディネーターさんに聞いてみましょう。

強者のナースは、案件時給など関係なく

「私、○○以下なら仕事しません。」と最初に言っているとか・・・。

 

次回は、派遣看護師とお金についてのお話をお届けします。。

 

 

 

 

CCC9V9A9993_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です