神様が最期に残した言葉

gak86_kosumosuaozora_tp_v

これはきっと神様のしたことに違いない・・・。

 

何年もたった今でもそう信じていることがあります。

 

これはある病院での事。

 

寝たきりだけど、元気の良いおばあちゃんが入院してきました。

 

褥瘡があったり、点滴が必要だったりしましたが、ケアの度に

 

「何するんだよ~」

 

「バカヤロ~!バカヤロー~!」

 

「お前なんか死んじまえ!」

 

「痛いよ~」

 

と大暴れでした。

 

暴力があったので、ケアはナースが複数で入る事にしました。

 

点滴はすぐ抜去されて治療ができないので、やむを得ず抑制をすることになりました。

 

「バカヤロ~、バカヤロ~」と大声は続きました。

 

それから1週間ほどたったある日、私が処置に入ると

 

「有り難う」と言うのです。

 

初めて聞くその言葉にびっくりしたのですが、もっとびっくりしたのはその表情です。

怒っているのです。その表情とは結び付かない言葉に私は強い違和感を覚えました。

 

さらに処置を始めると、いつも通り嫌がっているのに、発する言葉は

 

「有り難う~!」「有り難う~」「有り難う~!」

 

点滴をする時も、「痛い!」と叫んでいたのに「ありがとう~!」と顔をしかめながら叫びます。

 

その日以来、そのおばあちゃんは「ありがとう」という言葉しか言えなくなりました。

 

苦しいも「ありがとう」、辛いも「ありがとう」、痛いも「ありがとう」

 

帰りたいも「ありがとう」、嫌だも「ありがとう」名前も「ありがとう」

 

色々な「ありがとう」を聞きました。

 

それから2週間ほどで、そのおばあちゃんは帰らぬ人となりました。

 

言葉を失った事は本当に悲しい事だけど、最期に残った言葉が「ありがとう」でよかった。

 

スタッフはおばあちゃんが大好きになり、心を込めてケアをさせて頂くことができました。

 

どんな「ありがとう」でも、私達にとっては「有り難う」だったのです。

 

沢山の「ありがとう」を残してくれたおばあちゃんと神様に「有り難う!」

 

gak86_kosumosuaozora_tp_v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です