訪問看護デビュー#21「前例のない依頼」

tamara-menzi-224980

訪問看護デビュー第21回

訪問看護師を目指して頑張るカリメロさんのブログです。第一回はこちら→「訪問看護師デビューしました!第一回」

訪問看護師は、在宅の患者さんのお宅に訪問してケアを行います。

カリメロさんは、一人での訪問にも慣れ、実習指導者も経験し、着実に経験を積み重ねています。

 前例のない依頼

毎週2回、火金の1時間訪問に行く利用者さん。

パーキンソン病、要介護度4。

60代女性。

利用者さんのご主人がキーパーソン。

ヘルパーさんや訪問看護を利用しながらも毎日ご主人が介護をされている。

・・
訪問看護が始まった時には
「ここのご主人は難しい。」
と他のスタッフが噂していた。

なんでそんな噂のある方をわざわざ私に当てたんやろ(怒)

・・
と内心思ったが、先入観に惑わされず私らしい関わりを行なっていった。

・・
普段なら万が一受け持ち看護師が病気やらアクシデントで休まなければならない時、
他のスタッフが行けるように手はずを整えるはずも、
この利用者さんに関しては私しか訪問していなく
おそらくスタッフ、避けていたんではなかろうか)
万が一私が休んだ時の応対は所長だけしか行けない。

私はこの利用者さんのところ、休んだことないが。

というか、病気したことないから休むことなかった(笑)

そういったことから、私はここのご主人から気に入られていた。

寡黙で頑固なご主人。

私には冗談を言ってくれるようになった。

そしてご主人から私に前例のない依頼が来た。

「カリメロさん、頼みがあるんやけど。」

・・
「はい、なんでしょう?」

・・
「◯月の第1土曜日、息子が結婚式を挙げることが決まったんですよ」

。。
「わぁ〜〜、おめでとうございます!うれしいですね❀.(*´▽`*)❀.」

・・
「そこで…大変申し訳ないんですけど、その結婚式にカリメロさんに来て欲しいんです。
家内の看護を結婚式でお願いしたいんです。」

…た、確かにうちのステーションではそんな前例なかった(;°□°)!

・・
でも、利用者さんは絶対に息子さんの晴れ姿見たいはず。

それに私が協力出来るなら絶対に行きたい!

まずは所長に確認を。
ご主人にはその旨をお伝えする。

早急にお返事をさせていただくと言い、ステーションに戻る。

・・
所長に経緯を伝えると
「カリメロさんがいいと言ってくれるなら」
との返事。

すぐにご主人に連絡を入れる。
「ありがとうございます!カリメロさん、すみません。本当にありがとう!」
ということで結婚式参加になった。

利用者さんもものすごく喜んでくださった。

・・
恐らく車中での吸引やら、大変ではあるだろう。

しかし利用者さんとご主人に息子さんの晴れ舞台に参加していただきたい。

不安はない。

私に任せていただけたうれしさだけ。

その日が来るまでとても楽しみだ。

続く

 

IMG_1479
tamara-menzi-224980

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です