訪問看護デビュー#20「突然のお別れ」

TSU863_kirinosaki_TP_V

訪問看護デビュー第20回

訪問看護師を目指して頑張るカリメロさんのブログです。第一回はこちら→「訪問看護師デビューしました!第一回」

訪問看護師は、在宅の患者さんのお宅に訪問してケアを行います。

カリメロさんは、一人での訪問にも慣れ、実習指導者も経験し、着実に経験を積み重ねています。

#20 突然のお別れ

 
所長がずっと受け持っていた利用者さんを

私が任されるようになった。
・・
90代男性、独り暮らし、要介護度3。
・・
手が不自由。主病歴は糖尿病。
・・
血糖測定、健康管理、状態観察での訪問看護。
・・
気さくなおじいさん、って印象。
・・
体は大きく、見た目は昔の「ホタテマン」の安岡力也さんのような方(笑)
・・
19-5
・・
毎週金曜日30分の訪問。
・・
私の受け持ちになってから安定していた。
・・
いつも笑いを交えながらの会話。
・・
私が焼肉好きだと話すと
・・
「わしがよくなったら、あんたを焼肉連れてってやろ」
・・
と言ってくれていた
・・
ヾ(*゚∀゚)ノヒャッホォ-ゥ♪
N912_ba-beQ_TP_V (1)

いつものように訪問し

・・
「お変わりないですか?」
・・
と言えば
・・
「よくないな、胸が締め付けられるように痛いんや」
・・
と返答。
・・
・・
いつもなら笑いながら
・・
「変わりないで」と言うのに…
・・
熱を測ると37.8℃
・・
確かにいつもと違うし、脈もリズムが狂ってる。
・・
「心筋梗塞の前触れか?」
・・
と判断。
・・
ケアマネに連絡し、病院受診を早急にしてもらうよう依頼。
・・
そしてすぐに入院、心筋梗塞でカテーテルをしたと連絡あった。
・・

カテーテルは無事に終了し、

・・
順調な経過で2週間で退院とのこと。
・・
金曜日の訪問のお楽しみが減った。
TSURU170321-85 mm-121_TP_V
それから1ヶ月。
・・
事務所に入った連絡。
・・
その方が肺炎で亡くなったと。
・・
しかも私の息子の誕生日に。
・・

毎週金曜日たった30分の訪問看護。

・・
でも毎回お互いに笑顔でいられた時間。
・・
そして訪問看護若葉マークの私に自信をつけてくれた方。
・・
心筋梗塞のアセスメントと判断力は間違っていなかったが、
・・
肺炎で亡くなるとは。
・・
私に忘れられないよう、
・・
息子の誕生日に旅立たれたのかな?
・・
TSU863_kirinosaki_TP_V
事務所では所長もいたが、私は泣きじゃくってしまった。
・・
しかし、次の訪問がある。
・・
涙を拭いて顔も作って次の訪問へ向かう。
・・
今までありがとうございました。
・・
ずっと忘れません。
・・
この経験を活かして次に繋げますから。
・・
IMG_1413
TSU863_kirinosaki_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です