私は私になっていく#2「まるで魔法みたいpart1」認知症ブログ

yZteKPlk
❝訪問入浴ブログでお馴染みの「天才💯ピカチュウ」さんの、新連載ブログです。

実は認知症オタクな「天才💯ピカチュウ」さんに、認知症に関するブログも書いて頂くことになりました。

 

#2 まるで魔法みたい part1

・・

今日はいつもよりかなり早く仕事が終わったので、

家に帰ってYouTubeを見てました。

そう。

私の好きな宝塚80~90年代の「ベルサイユのばら」で、

私が大好きだった人が出ておられるのを探して・・・。

ベルサイユのばらで、オスカルはバスティーユの戦いで

「フランス・・・万歳・・・」

と言って天に召されます。

14110857verusaiyu2-thumb-autox1600-18933

またまた前置き長かったです。

・・

フランスと言えば!

「ユマニチュード」です。

ユマニチュードは、”見る、話しかける、触れる、立つ”

を、4つの柱とし、150を超える技術からなります。

鬱状態や行動心理症状(BPSD)の方に対応すると、

穏やかになられる事から

「魔法のよう」

と紹介される事も多いです。

・・

・・

私も実践しますが、本当に穏やかになられますよ。

「そんなん病院は、忙しいから出来っこない、」

「施設は利用者1人じゃ無いよ」

と言う声が聞こえて来そうです。

・・

以前勤めてた病院でも

「えっ?ユニマット?何それ?」

「そんなんしたって一緒」

とか言われてました。

・・

今でも

「次の利用者、ニンチ(ほら出た!)があって怒り出しますから」

と紹介される時あります。

その時に実践すると利用者は、ニッコニコ(*⌒▽⌒*)で、入浴もスムーズに出来ます。

すると殆どの人が

「何したん?」

と聞かれます。

HW20160708201416_TP_V

では、どのようにするのか・・・簡単に書きます。

・・

・・

『見る』

高齢者特に認知症になると視野が狭くなります。

ハイそこがポイント。

だから、同じ目線の高さで、20cm程の近い距離(日本人には少し近いかも)で

親しみ込めた視線を送ります。

・・

・・

『話しかける』

例え反応が無くても積極的にポジティブな言葉を加えます。

そう実況しながら・・・

・・

・・

『触れる』

人間関係を親密にさせる上で、ボディタッチは非常に効果的である、

と言われてますが、ユマニチュードでも推奨されてます。

御本人の背中や手を優しく包み込むように、

手のひらを使って触れることで安心感を与えます。

逆に忙しく無言で触れることは逆効果です。

youDSC_0057_TP_V

『立つ』

ユマニチュード考案者ジネスト氏が

「自分の足で立つ事で人間の尊厳を自覚する」

と語っておられます。

ユマニチュードは最低1日20分は立つことを目指してます。

でも、無理やり立たせようとする事だけは避けて下さいね。

・・

・・

今回は研修で習ったことを元に触りだけ書きました。

忙しかったら『見る』だけでも試してください。

それが出来たら、『話しかける』をして下さい。

そんなに時間は取らなくても大丈夫です。

次回はユマニチュードの実践の仕方を書きます。

911NSUdV

yZteKPlk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です