今日もなんちゃってナース #12「友達の悩み」

PAK75_aozoratotwinte20130512_TP_V

今日もなんちゃってナース 第12回

現在、中規模の病院で勤務中のナースのブログです。看護師5年目。新しい病院での楽しみは午後のティータイム。仕事に慣れてきたと思ったら、怪しい雲行き。

果たして仕事はどうなるの?

#友達の悩み

先日の、事務長さんの突然の退職で、囁かれる噂・・

しかし定かな事はまだ誰にもわかりません。

でも気になります。

 

気になるけど仕事!仕事!

 

昨日、前の職場の友達から電話がありました。

辛くて、辛くて仕方がないと。

心も体も辛いのだと・・。

 

それは痛いほどよくわかる。

だって、私はそこから逃げ出したんだから・・。

自分が壊れる前に逃げ出さなきゃ、と思って逃げ出しました。

キャリアなんてどうでもいいと思いました。

一つの世界しか知らないよりは、いろいろ見てからこの先を決めたいと思ったのです。

前の病院では細かい事もきちんとしていないと、問題視されてとても窮屈でした。

みんなピリピリしていました。

でも、今の病院に来てみると、皆それぞれの場所からの寄せ集まりだから、「その方法もありだよね」って認め合う空気があります。

統一しなければならないものは統一するけれど、ある程度の自由度もある・・

こんな職場があるんだと知ったことは、私にとっては大きな発見です。

 

友達は将来のキャリアを考えていて、認定看護師にもなりたいと言っていました。

でも、辛い・・と。

 

勉強嫌いな私には、何のアドバイスもできなくて、「そうなんだ・・」って聞いてあげる事しかできませんでした。

彼女が楽になる答えはどこにあるのだろう?

誰が彼女の辛さを軽くできるのだろう?

職場の人ではないことは確か・・。

結局彼女は、辛さを少し電話口で吐き出して、また仕事へ向かう。

 

 

こんなことを考えていたら、自分のキャリアなんて、何も考えていない事を思い出してしまいました。

ただ、あの労働環境から逃げ出したかっただけだから。

 

もし、この病院が本当に潰れてしまったら、次はどうしよう?

こんな風に気楽に働ける所、また見つかるかな?

でも、まさか病院なんてそんな簡単に潰れないよね。

 

そう思う事にしました。

 

そんな中、今日は先輩ナースが夜勤明けで帰ってから体調不良になり、入院したとの連絡がありました。

詳細はまだわかりませんが、先輩は以前から体は丈夫ではなく、身を削って仕事をしているような方でした。

 

看護師は、人を看護しているけど、自分の事は後回しになってしまう職業なのでしょうか?

看護師だからって、体や心の自己管理が出来る人ばっかりじゃない。

看護師が元気で仕事ができるように、看護師を看護してくれる人、欲しいなぁ。

 

 

このブログは職場の情報漏洩の規約や個人情報保護の法令を遵守するため、内容や設定を工夫して掲載しています。

 

 

 

 

 

 

 

PAK75_aozoratotwinte20130512_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です