魔法のような認知症ケア「ユマニチュード」って何だろう?

PAK93_niwanobenchi20130506_TP_V

介護の仕事に携わる方なら聞いたことがあるかもしれません。

魔法のような認知症ケアと呼ばれることもある「ユマニチュード」。

ユマニチュードとはフランス語で「人間らしさ」の意味です。

これは2人のフランス人から生まれ、35年の歴史を持ちます。

このケアの手法により、認知症の患者さんとのコミュニケーションが劇的に改善すると言われています。

ユマニチュードの日本への導入は、2011年に国立病院機構東京医療センターの医師が、

フランスの研究所を訪問したことから始まりました。

以下wikipediaから引用

《手法》

ユマニチュードではまず評価を行う。

  1. 回復を目指す
  2. 機能を保つ(悪化しないようにする)
  3. 共にいる(そばに居て、穏やかに死を迎える)

といういずれの 段階にあるのか、評価する。

ケアの実施にあたっては

  1. 見つめること
  2. 話しかけること
  3. 触れること
  4. 立つこと

を基本として、これらを組み合わせて複合的に行う。

「見つめながら会話位置へ移動する」

アイコンタクトが成立したら2秒以内に話しかける」

「言葉をかけながら、相手に静かに触れる」

など、そのケアの内容は具体的である。

150を超える具体的な技術があり、「人とは何か」という哲学に基づいて体系化されている。

・・・・・・・・・・

この手法で、認知症患者だけでなく、ケアに関わる人も穏やかになる、と語られています。

動画でのご紹介はこちら

ユマニチュードについての講演・講義は日本全国で行われています。

ご興味のある方は学んでみませんか?

 

引用

[ユマニチュード] 『フリー百科事典ウイキペディア日本語版』

2016年8月24日 (水) 11:42 UTC

URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%89:

 

PAK93_niwanobenchi20130506_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です