「コーヒーと紫外線の意外な関係」

coffee-cup-and-saucer-black-coffee-tea-spoon-160812

暑さが増してくるこの季節、日々強くなる紫外線もまた気になりますよね。

kazukihiroDSCF1580-Edit_TP_V

紫外線は肌の老化の一番の原因とも言われていますから、若くても肌が丈夫でも油断せず、毎日しっかりUV対策を行っておくことをおすすめします。

日焼け止めはもちろん、日傘、長袖シャツ、ビタミンCのこまめな摂取などを習慣化させておきましょう。

加えて、取り入れたい新しい習慣が、コーヒーです。

リラックスしたいときに、反対に目をさましたいときに、コーヒーブレイクという言葉があるとおり、ちょっとした息抜きとしてコーヒーを愛飲している人は多いかと思います。

このコーヒーには、コーヒーポリフェノールと呼ばれる成分が多く含まれていて、

紫外線をあびたときに体内に発生し、遺伝子にダメージを与える活性酸素を破壊する働きがあることが昨今新たに判明したのです。

つまり、うっかり紫外線を浴びてしまっても、コーヒーを飲んでおけば、その紫外線が肌に悪影響を及ぼす可能性を阻止できるというわけ。

びっくりですよね。

しかも、赤ワインなどを常飲する習慣のない多くの日本人は、世界的に見ても、ポリフェノールの摂取量が少なく老化しやすい人種だといわれています。

だからこそ、コーヒーブレイクを積極的に活用することで、体内のポリフェノール量をアップさせ、アンチエイジング効果を狙うことができるのです。

コーヒーならアルコールが苦手な人でも飲めますし、仕事中など飲む機会も多く手助かりますよね。

目安は一日四杯といわれています。

紫外線が強くなるこれからの季節は、アイスコーヒーで乗り切りましょう。

PP_coffetime_TP_V

 

coffee-cup-and-saucer-black-coffee-tea-spoon-160812

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です