訪問看護デビュー #14「偏屈70代男性のお気に入り」

IMG_0968

訪問看護デビュー第14回

訪問看護師を目指して頑張るカリメロさんのブログです。第一回はこちら→「訪問看護師デビューしました!第一回」

訪問看護師は、在宅の患者さんのお宅に訪問してケアを行います。

基本的には看護師一人での訪問ですが、訪問看護未経験のカリメロさんは、

一定期間の間、先輩に同行して訪問看護を学んでいました。

順調に進んだ同行訪問も終了し、独り立ちが始まっています。

 

#「偏屈70代男性のお気に入り」
要介護度5の方の受け持ちが多くなった私、病態についても学ばなければならないが、訪問看護はいかに「住み慣れた在宅での生活を快適に過ごしていただけるか」が焦点になる。

・・
病棟は治療の場であるが、在宅は生活の場、利用者さんはもとより、ご家族への心身的なフォローも訪問看護師の大事な役割だと気づく

私の受け持ちは女性が多く、いずれも要介護度5。

その利用者さんを介護するご主人はみなさん70代。

日々の介護でかなりお疲れの様子が見て取れる。

・・・
正直始めは「なんか難しい頭の固いご主人ばかりが私の受け持ちやなぁ」

と思った。

スタッフも「○○さんのご主人って難しいよね」、とか、「細かいよね。」とか言ってるのはいずれも私の受け持ちのご主人( °_°;;; )

なんでよりにもよって私に難しいご主人ばかりが当たるんや…と思ったが、以外にも私はこの偏屈70代ご主人からのウケがよい(笑)

「カリメロさんはいつも一生懸命してくれる、ありがとう。」

・・
「カリメロさんは面白いなぁ(笑)」

こんなこと言ってくれるんや、とうれしくなった。

他のスタッフが敬遠するご主人に受け入れてもらえてるのは私が1番新米やからこその関わりをしているからかもしれないな。
真面目さと面白さの融合が70代男性にウケがよいのか(笑)

・・

「カリメロさん、あんたの看護はイレギュラーやな!」

と言われた時は

「何が?」

と焦るが

「他の看護師さんがしないことをあんたはする。毎回毎回、全力投球や!」

との言葉をいただいた。

これは私の松岡修造さんばりの熱さが伝わってるということか(笑)

あと、まったく冗談が通じないご主人がものすごく冗談言ってくれたり、私との会話で笑ってくれたりと。

他のスタッフと一緒に訪問した時はダンマリで確実に様子が違うのに。

精神科歴が長いからコミュニケーション得意やからかな?

これからも70代ご主人の介護にも疲労が出ないよう、笑っていただくようにしたいと思う。

IMG_0968

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です