「心を亡くす現場」~40代おばちゃんナースの独り言

ANJU16040317IMG_1087_TP_V

この記事は、ペンネーム”40代おばちゃんナースの独り言”さんの単発コラムです。

・・・・

私は看護師26年目

急性期病院の急性期病棟で働いています。

病棟には日勤常勤が沢山いて

夜勤をするナースが少ないためシフトはほぼ夜勤

HCUもあり不穏や認知症患者がいます。

突然立ち上がったり、ふらふらと部屋から出てきたり

点滴を抜いてしまったりと

色んなことをしてくれます。

その都度何してるの!って大声をあげてしまう。

HCUには呼吸器付けてる重症がいます。

認知症患者の対応しながら

重症者の看護をして緊急入院を受けています。

多い時は夜間に4人の入院があったりして

仮眠なんて全く出来ません。

心の休まる暇もありません。

患者さんに優しくしたいけど

優しく出来なくて

悩んだりします。

忙しいと言う字は心を亡くすと書きます。

忙しいからと心を失くさないように看護したいけど

中々難しいのが現実

 

ANJU16040317IMG_1087_TP_V

・・・・・・

”40代おばちゃんナースの独り言”さんへ

ご投稿有り難うございました。

医療の現場の過酷さ、本当に心を亡くしてしまいそうです。

この写真は、そんな過酷な現場にいる同志への私達からの心からのエールです。

 

ANJU16040317IMG_1087_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です