ドキドキ施設ナース #9「施設のデンジャラスゾーン」

GAK96_tesuriniokaretahanataba_TP_V

ドキドキ施設ナース 第9回

夫の転勤のため東京から関西に転居して、派遣看護師として有料老人ホームでで働く事になりました。まだ施設経験は浅いですが、東京のホームとのギャップは大きく、日々学んでいます。第一回のブログはこちら→「ドキドキ施設ナース」 

施設のデンジャラスゾーン

最近の高齢者施設は、建物、設備、食事、アクティビティ、介護等々 宣伝要素が色々ありますが、

働く側の目線からすると、一番重視すべきはスタッフの質だと思います。

多少設備が古くても、スタッフの優しい介護で心が癒される事は多いと感じます。

逆に、部屋や設備がどんなに良くても、スタッフが良くなければ、そこでの生活は殺伐としたものになってしまいます。

もし自分が入居する時なら、小規模でアットホームな施設がいいなと思うこの頃です。

ここのホームは、豪華な設備がないシンプルな造りです。

まさに必要最小限です。

しかし各居室にはトイレと洗面台があります。

数あるホームの中には、居室にトイレがないタイプもありますが、ここは全居室に完備です。

料金は毎月20万円位~です。なかなかです!

 

実はこのトイレが、ここのホームで一番の危険個所です。

デンジャラスゾーン!と私達は呼びます。

排泄は人間の基本的欲求であるせいか、入居の皆様は這ってでもトイレに行こうとします。

「トイレに行く時はナースコール押してくださいね」

とスタッフが言っても、遠慮してしまうのか、ご自分で行ってしまう事が多い、多い・・・。

今日もヘルパーさんから連絡です。

「看護師さん、田中さんがトイレで転倒してます!」

「また~!?」

昨日も、おとといも別の方がトイレで転倒して発見されています。

幸い最近は打撲や皮膚剥離程度で済んでいますが、骨折しているケースも多々あります。

・・・部屋にトイレがあるばっかりに・・・ってつい思ってしまいます。

「一人でトイレに行ったらあかん。危ないやろ」

とヘルパーさんが注意します。

「だってトイレに行きたかってん・・・」

というお返事。

・・・これはまた転倒するかな・・・

そんな時に登場するのが各種センサーです。

入居者さんが起き上がった時にアラームが鳴るもの、

ベッド脇の床に足を着いた時に鳴るもの

等、いくつかタイプがあります。

(上手にそのセンサーをすり抜ける方々もいます。)

センサーアラームが鳴ったらスタッフがすぐ駆け付けます。

食後はコールの嵐!

100人以上の入居者数ですから、ヘルパーさんのピッチは鳴りっぱなし。

先日入居の「男性スタッフお断り」のおばあちゃんのコールも鳴っています。

女性職員の手が空かない時は、仕方なく男性職員が駆け付けますが、やっぱり、

「男の人はいらんで!間違いが起こったらあかんから!」

と突っぱねます。

しかし、この方も入居3日目にトイレに行こうとして転倒して頭を打ちました。

 

便利だけれど、その反面リスクも伴う、それが居室のトイレです。

IUK_osyarenanagasidai_TP_V

 

 

ブログについて

当ブログは個人情報保護、及び職場の守秘義務を遵守したものであり、職場や個人を特定できるものではありません。

 

 

 

 

GAK96_tesuriniokaretahanataba_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です