訪問入浴GO! #3「おさわり厳禁!」

Isx5imvw

訪問入浴 GO! 第3回

❝訪問入浴が天職❞のペンネーム「天才💯ピカチュウ」さんのブログです。

アルバイトで始めた訪問入浴ですが意外とはまってしまい、今や天職に!

訪問入浴介護とは、看護師(以後Ns)ヘルパー(以後HL)オペレーター(以後OP)が移動入浴車等で各家庭を巡回し、特殊浴槽を家庭に持ち込んで入浴の介護を提供する(介護保険法より抜粋)と介護保険法にあります。「訪問入浴GO!」第1回目はこちら]

 

#おさわり厳禁!

今日は「おさわり」について書きます。

世の中色んな方居られます。

訪問入浴の利用者もそうです。

介護保険制度で、訪問入浴介護サービスを利用出来るのは、要支援、要介護の方で65歳以上の方なのですが、時に特定疾患と言って国が定めた16種類の疾患であれば40歳以上の方も利用出来ます。

65歳以上の方でもう本当に認知症で、ある意味その部分だけがしっかりされてる方も居られます。

可愛い人も居ますが・・・認知症の振りをして触ってくる方も居られるので困ったものです。

それよりもっと困るのは、もう少し若い利用者の一部の方。

頭はハッキリされてるのですが、右麻痺や、左麻痺があって寝たきりになった方も中には居られます。

その時のお話です。

その日もtheゆとり世代のOPとHLと同行し訪問をしました。

車の中で利用者の説明があります。

「あっ次の方ですけど、右麻痺があって、若い方なんで、おもたいんですよー」

「それに“おさわり”がありますので・・・」と・・・

私は「ん?おさわり?この事業所は“おさわり”を容認してるの?」

と怒りがこみ上げてきました😠

「まっお客さんやし・・・」

とこの怒りを沈める努力をしました。

その日、最終の訪問だったので

「こんばんわー!お願いしまーす。」と挨拶。

それからバイタルサインを測定します。

体温を測定、spo2測定。そして血圧測定の時です。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

手が、私の胸をしっかり触ってきました!

「如何されました?」

と丁寧に話しながら、目力でやめさせました。

そして、脱衣介助へ・・・HLが手伝いに来てくれて一緒に介助してる時、

「キャ♡やめてよー♡」

と思ったらHLにおさわり開始。

HLは拒否してるのですが、半ば「嬉しいの?」という声を出します。

もう私の目力も効果ありません。

そして、入浴介助。

その時も触りたい放題。

そして着衣介助。

HLと一緒にしたのですが、再びHLが

「イヤーん、ブラ外さんといてー」

というものですから

「あまりされたらベットから落ちたりするので危険ですよ!」

と、注意するのですが、HLにやりたい放題でした。

こんな時OPが代わってもいいのでは?と思いました。

私はTwitterで介護を受ける方のおさわりについてアンケートを取りました。

「許せない」

「すこしなら」

「サービスの一貫」

です。

あなたはいかがですか?

やはり「許せない」が、大多数でした。

そりゃそうですね。

私がアルバイトではなく常勤だったら所長と相談して、ケアマネージャーに相談して貰うのですが…

私が所属する事業所じゃ無く、応援だっので・・・

そう言えば、新卒の時外科病棟でオペ前の剃毛(もうしませんよね)をする時セクハラ発言されたり、

おさわりされたりして、落ち込んだりしました。

介護の世界でも、あるのですね。

少しガッカリしました。

でも、そんな方は一部ですので、訪問入浴は大好きです。

これからも頑張ります。

 

Isx5imvw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です