デイサービス大好きナース #7「あわや交通事故!」

ELFA88_yukidarumasan20150101144527_TP_V
デイサービスの明るさが大好きな派遣ナース”デイナース”さんのブログです。ブランク明けで、デイサービスの派遣看護師をしています。火、金は午前中のみの仕事ですが、土曜日は、夫が子供の面倒を見てくれるので、別のデイサービスで9時から17時まで仕事です。仕事を教えて頂くために水曜日にも出勤しました。!第一回のブログはこちら 

 

明るくて和やかな雰囲気のデイサービスですが、実は色々な方が通所されています。

高齢者ご夫婦のご家庭から、ご主人が通所されています。

一般的に老老介護と呼ばれているご家庭です。

このデイサービスでは、玄関からのお預かりを基本としているので、

玄関までは何とか奥様が連れて来ます。

体格の良いご主人ですが、認知症で思うように行動してくれないため、

奥様はいつもやっとのことで送り出しています。

朝食後の薬がうまく飲ませられないため、通所されてすぐにこちらで内服して頂きます。

おむつも一晩交換されていないため、通所してすぐおむつ交換が必要です。

思うようにいかないと、すぐ暴れてしまったり、大声を出したり、

歩いて動き回るので目が離せません。

デイサービスでは、転倒予防には非常に気を遣っています。

家でも、外に出てしまわないように気をつけているそうですが、

夜に起きて徘徊するため、奥様が疲れ果てています。

実は、今日はその方が夜間に家を出て、家の前の道路で車にひかれそうになって転倒し、

ケガをされての通所です。

幸いケガは軽く、奥様から受診の必要はないとの事でしたが、念のため

いつも明るい常勤ナースさんも、今日はあちこちと連絡を取るため真剣な様子です。

このままでは、また交通事故に発展しかねないため、早急な対策を迫られています。

結局、ケアマネージャーやご家族と相談し、数日はショートステイを利用しながら、

その間に精神科への入院の段取りを整える事になりました。

精神科は、薬での治療を開始するための一時的な入院です。

これまでは、薬に頼らず何とかしたいとご家族が希望していましたが

ご家族も周囲も限界と判断しての結果です。

通所されるご本人を通してご家庭の様子も把握し、

必要時はケアマネージャーや医療機関と連絡を取る事も

デイサービスの看護師の大切な役割です。

 

 

ELFA88_yukidarumasan20150101144527_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です