ドキドキ施設ナース #7「ヤバいよ!会話が成立しない」

ELFADSC05617_TP_V

ドキドキ施設ナース 第7回

夫の転勤のため東京から関西に転居して、派遣看護師として有料老人ホームでで働く事になりました。まだ施設経験は浅いですが、東京のホームとのギャップは大きく、日々学んでいます。第一回のブログはこちら→「ドキドキ施設ナース」 
ELFADSC05617_TP_V

#ヤバいよ 会話が成立しない!?

有料老人ホームは、特別養護老人ホームと違い、比較的お元気な方も入居されています。

そのため、スタッフの事も良く見ていらっしゃいます。

また、ご面会に来られたご家族も、スタッフの言動をよく観察されています。

そのため、館内でスタッフ同士の私語には気を付けなければなりません。

もちろん、挨拶もきちんとします。

接遇やコミュニケーションはとっても大事です。

 

しかし、私には関西弁の丁寧語がわかりません。

仕方なく東京弁で話していると、入居の男性が

「あんた、こっちの人ちゃうやろ。」

と言われました。

「そうなんです。関東から来ました。」

と答えると、

「何かそんな感じやな!」

と・・・。

こ、これは、何か壁ができてる感じ?

どうも、気持ちが通じ合っていない気がします。

どう返せばいいのか見当も付きません。

「おれな、最初は違う部屋やってん。せやけど気に入らんから変えてもろうてん」

と、私がその方の足に水虫の軟膏を塗っている間 話をしています。

同僚ナースの真似をして、思い切って言ってみました。

「そうなんやね」

・・・・・なんか沈黙。これ、合ってる?

すごいドキドキ!

おじいちゃんは無反応でスルーしました。

え~!ツッコむとか、「ちゃうちゃう」って言うとか、何かないの~?

 

 

午後、新入居がありました。95歳の女性です。

自宅での生活が困難になってのご入居です。

認知症もなく、しっかりされているおばあちゃんです。

自分の処置をきっちり伝えて、凛としています!

そして最後に

「男性のおむつ交換はお断り!何か間違いがあったら困るさかいに。」

とキッパリ。

「お風呂は皆とはイヤやで!一人や!男の人もお断りや!」

と、さらにキッパリ。

 

男性職員は苦笑いです。

 

でも、そのおばあちゃんの気持ちは良くわかります。

できるだけ、ご希望通りにケアをさせて頂くことになりました。

 

点眼にもこだわりがあり、目の横に液が垂れてしまうと

「あかん、あかん、ちゃんとしい!」

と言います。

液が少なくても

「あかん、あかん、もう1滴」

うまくいくと

「今日はちゃんとはいったわ」

と合格点をもらいます。

 

また一人、難しい点眼が増えました・・・

 

 

 

 

ELFADSC05617_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です