今日もなんちゃってナース 第四回

pakssss0i9a3752_tp_v

現在、中規模の病院で勤務中のナースのブログです。看護師5年目。新しい病院に転職して戸惑うことばかり。勤務では新しく遭遇する事も多くまだまだ勉強中。今日はどうなる?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

# 急変   GAK_arupakapunpun_TP_V

Wワークのアルバイトのナースが多いこの病院は、

また今日も初めてお会いするナースの方がいました。

なんでも、月に2日程度だけ来ているのだとか。週1回来ているWワークの方もいるので、

今日の日勤は、いつもより2人も多い!

本当は、もう一人常勤ナースが出勤予定だったのですが、

スタッフが沢山いるので休んだそうです。

ここは、スタッフが多い日は常勤が休んで良い空気になっています。

何しろ、師長も看護部長も存在していないので、自由な空気が漂っています。

事務長さんも、ちょいちょいやってきては、楽しそうに話していきます。

朝、どうやって受け持ち部屋を分けるかを皆で相談する時もワイワイと和やかです。

「今日、○○さん、どこ持つ?」

「ここがいいな、私」

「わ~い、ひと部屋だ!」

当然いつもより受け持ち患者さんが少なくなりました。

入退院の予定もなく、“今日は患者さんの入念ケア”のナースもいれば、

倉庫整理に行くナース、掃除をしているナースと、思い思いに動いています。

大学病院にいた時にはなかったこの空気・・・悪くないかも。

お昼休みにはレントゲン技師さんからの差し入れクッキーを頂いて。

何と手作りということで、話題はそれで持ちきりになりました。

女子力(?)の高い技師さんです!

 

午後4時。それは突然でした。処置で受け持ち部屋を訪れたナースが急変を発見したのです。

もう息はしていませんでした。医師が蘇生処置を行いましたが、蘇生できませんでした。

いつも明るくしゃべっているみんなが、黙りこんでいます。

後で、午後のバイタル表を見てみると、僅かな兆候がそこにありました。

脈がいつもより速かった・・・。120台

もちろん、受け持ちナースはそれをチェックしていましたが、一般状態に変化がなく

一過性の可能性もあるので、観察中だったとの事です。その、観察中に起こった出来事でした。

明るく始まった一日は、思いがけずどんよりと幕を閉じましたが、

脈の変化がいかに体の変調を知らせるものなのかという事を

再認識させられた一日でもありました。

それにしてもこの病院、色々な事が起こります。

 

 

 

 

 

*このブログは、個人情報保護、職場の守秘義務の観点から、情報を特定できない形に工夫して掲載しております。

 

pakssss0i9a3752_tp_v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です