ドキドキ施設ナース 第5回

elimg_9198_tp_v

夫の転勤のため東京から関西に転居して、派遣看護師として有料老人ホームでで働く事になりました。まだ施設経験は浅いですが、東京のホームとのギャップは大きく、日々学んでいます。今回は第四回。第一回のブログはこちら→「ドキドキ施設ナース」

 

abashiri0I9A0021_TP_V

 

~ドキドキマッサージ~

 

昨日教わった軟膏処置、いよいよ今日は実践です。

 

ダメ出しが出ないように出来るかな?

 

約束の時間は10時。15分程前から気にして他の仕事をします。

 

遅れたら叱られると思い、ドアの前で待機し、10時きっかりにノックしました。

 

初日から失敗するわけにはいきません。

 

入室すると、その方は時計を見て

 

「あら、きっかりね」と一言。

 

「お約束ですので。」と見栄を張ってみました。

 

足を見せて頂くと、それは冷たく抹消は暗紫色で痛々しいものでした。

 

直前に足浴していたようですが、すぐこの状態になってしまったようです。

 

聞けば痛みもある様子。

 

マッサージにこだわる理由がわかりました。

 

昨日見せて頂いたようにやってみます。ジーっと見つめていらっっしゃるので、あらかじめ

 

調べておいた趣味のお話を振ってみました。

 

機嫌良く話されながらも、

 

「足先もっとやって」等、しっかりとポイントは押さえます。

5分経ち、終了しようとしますが、足先は一時的にピンクになるものの、またすぐ紫に。

 

(これじゃ、もっとしてほしいのも当然だな)

 

「まだ紫ですね、もう少しやりますね。」と2分延長してマッサージを終了しました。

 

「ありがと」

 

と言われ、ホッとしたものの、これはひと工夫いるかもしれない、という思いを持ちました。

 

今日は、マッサージだけで精いっぱいだったけれど、明日からは、もう少し状況を詳しく聞

 

かなくちゃ。

 

こうして無難に過ぎた午前中でしたが、午後のおやつの時間にとんでもない大騒ぎが起きてしまいました。

 

 

~つづく~

 

 

*このブログは個人情報保護、職場の守秘義務の観点から、一部内容を工夫して書かれています。

elimg_9198_tp_v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です