ドキドキ施設ナース第2回

elimg_9198_tp_v

夫の転勤のため東京から関西に転居して、派遣看護師として有料老人ホームでで働く事になりました。まだ施設経験は浅いので、日々学んでいます。今回は第二回。前回のブログはこちら→「ドキドキ施設ナース」

「あなどるなかれ!点眼 vol.2」

 

 

こちらのホームでは、まず、処置係として先輩ナースに点眼を教えて頂いています。

 

今、白内障の手術を終えて間もない方がいらっしゃいます。

 

自立の方ですが、軽度の認知症があり、点眼をご自分でさすことが出来ないそうです。

 

白内障の術後は3種類の点眼薬を5分おきに順番にさしていかなければなりません。

 

これを、朝、昼、夕と一日3回行います。

 

この方は、目薬の時間は大体他のお友達3人とラウンジ井戸端会議の真っ最中だそうですが、遠慮がちに割り込んでみます。

 

まず1本目。上を向いて目を開けて下さって、何て協力的!

 

さて、ここから5分。他に近くに処置の方はいないので、井戸端会議に加わる事に。

 

会議メンバーのお一人が元看護部長さんとのことで、現役かと思われる程しっかりされていらっしゃる方です。聞けば、ホームで急変の第一発見者になり対応されたこともあるとか。

 

凄いなあ・・・。

 

感心して聞いていると、5分経ちました。

 

ここからまた5分、井戸端会議再開です。新入りナースとしては、どうしても元看護部長さんを意識してしまいます。

 

何だか面談のようで( ^ω^)・・・。

 

5分経ち、3番目の目薬をさして、やっと次の方へ。

 

今日はこれをあと2回繰り返す・・・。

 

そしてそれは、明日もあさっても、その次も。

 

点眼と点眼の間に何か仕事があった方が気が楽なんだけどな。

 

 

 

 

 

 

elimg_9198_tp_v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です