こんなんですけど働いてます 第1回クリニックナース

hirayamatoneko_tp_v

精神科クリニックで看護師として働いている如月七三さん。看護師を4年経験後、結婚・出産を機に退職。長いブランクを経復帰しました。派遣でいくつものクリニックを経て、現在に至ります。今日も明るく面白く出勤です。

 

hira215041502_tp_v

 

「はい、○○クリニックでございます。如何されましたか?」

 

 

 

こんなセリフで電話を取るのが今の私の仕事です。

 

2つ前の職場で徹底的に接遇スキルを教え込まれ、医療はサービス業だと思って働いています。

そう思っていると大抵の事は我慢出来るような気がしています。

そもそも、私の仕事って何だろう、、、、

 

 

もともと、看護学校を卒業して4年で退職したためナースのスキルもたいしたことはなく、長いブランクの後の再就職には躊躇するものがありました。

それでも仕事を始めたのは、子供が幼稚園、小学校と成長していくと自分の時間が増えていき他の主婦の皆さんと同じようにパートに出ようと思い派遣会社に登録したことがきっかけでした。

 

 

派遣のお仕事、まずは登録。

 

と思いネットでチョコチョコっと登録してみたところ、その日のうちにお電話がありました。

直接希望を聞いてくださったのですが、お相手の方が焦っておられたのか、

 

「夜勤は出来ない、クリニックは19時までが普通なのに夕方からは働けない、では仕事は見つかりませんよ!」

 

とお怒りモードに、叱られる形になってしまいました。

 

 

あれ?なんで働き方が選べないの?ナースってパートには難しいのか。

 

そう感じた私は新聞広告などで職探ししました。

 

近所の介護事業所の介護士の面接に行ったとき、面接官の人に「折角看護師の資格があるのに、なぜ看護師として働けるところにしないの?」と背中を押され、再び派遣会社(今度は別の)に登録。

そこは直接会社に出向いていくつかの書類を書き、担当の方と面談でした。

 

ようやく希望の働き方を調整してくださる担当の方と出会えたことで心配なことなども相談できました。

人との出会いでこんなにも変わってくるものなのか?

仕事のしやすさとかって技術や知識より性格とか思いやりとか相手の立場を理解できるかどうかかもしれない、と思った就職活動でした。

 

hirayamatoneko_tp_v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です